グリーンふぁみりー「けーたの日記」

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンふぁみりー「けーたの日記」

はじめまして。グリーンふぁみりーのけーたです。グリーンふぁみりーとは「ひとりひとりが家族のようにつながろう」をコンセプトに結成された大人の為のあそびグループです。

フキノトウについて調べてみた。

 

はじめに

 

 

どうも。

今年も3カ月終わりますね~

 

あと3/4。

今年はなんだか忙しない。自分の人生が波乱万丈過ぎて、小さいことに目を向けては、大きく反応するように心がけている。

 

例年であると、春分の日が終わるころに咲いていた彼岸花が、芽も顔を出さない。

例年よりも寒いからか、それともぼくのことが嫌いになったのかな。

 

 

だけど、フキノトウだけは元気に寒さにも負けず、雪の重みにも負けず、

伸び伸びと顔を出す。

 

f:id:ke19850122:20170331232112j:plain

 

 

フキノトウの効用

 フキノトウの野趣あふれる香りと苦みは好む人もいるが、敬遠する人も多い。

実はこの苦みのもととなる物質には、新陳代謝を促したり肝機能を強化したり、

だるさや疲労を回復させる効果がある。

 

俗にクマが冬眠から目覚めるとまずフキノトウを探して食べるという。

ただし、フキノトウにはわずかな発がん性も見つかっている。

あくは二面性を伴うのである。

 

まとめ

 旬のフキノトウは天ぷらにすればおいしい。

あくはうまく抜く知恵さえあれば、旬のおいしい食材を食卓に取り入れることができる。逆に、季節をはずれた水煮の山菜などは、あくもない代わりに味もそっけもない。

 

 

スポンサーリンク