グリーンふぁみりー「けーたの日記」

グリーンふぁみりー「けーたの日記」

はじめまして。グリーンふぁみりーのけーたです。グリーンふぁみりーとは「ひとりひとりが家族のようにつながろう」をコンセプトに結成された大人の為のあそびグループです。

加茂市にある冬鳥越スキーガーデンが穴場でオススメ!!

 

 

雪!!

 

毎日、雪。。。

 

もう見たくないこの白い悪魔ですが。。。

 

晴れ間が見えると、日頃のストレス発散の為に外で遊びたくなりますよね。

 

加茂市七谷地区にある冬鳥越スキーガーデンでは、

スキーやソリを楽しむことができます。

 

休日には家族連れやレッスンを受ける子どもたちなど、

多くの方で賑わいます。

 

コースはスキーコースとソリコースのふたつ。

 

冬の寒さを吹き飛ばすような表情と歓声でソリを楽しむ子どもたちに惹かれ、

僕もソリコースではしゃいじゃいました。

 

さすが!!と思うほどに上手にソリを乗りこなす子どもたちと、

なかなか進まず転倒ばかりする僕。

 

気が付けば、

子どもの頃に戻ったように夢中になって遊んでいました。

 

入場無料で休憩所もあり、

とても充実した時間を過ごせる施設です。

 

皆さんもぜひ訪れてはいかがでしょうか?

 

●冬鳥越スキーガーデンはここ⇩⇩

 

●本日のオススメ

これ、おすすめですよ\(^o^)/

 

●本日のオススメ②

 雪合戦にどうぞ⇩ ⇩ ⇩

 

節約したいならお米を食べよう!

 

 

私は新潟県出身なので、

 

生まれたころから当たり前のようにお米を食べてきました。

 

現在では、

 

値段が高めのブランド米が注目されていますが、

 

コメはとても経済的な食べ物であることをご存じですか?

 

茶碗1杯のご飯を炊く前のコメ(精米)は65グラムほど。

 

小売価格で平均的な5キロ約2000円の精米を買うと、

 

茶碗約77杯分になる。

 

 

1杯当たりのコメの値段は25円前後。

 

高いか安いかは人それぞれですが、

 

日常的に買うミネラルウォーターなどと比較しても、

決して高くはない価格と言えるのではないでしょうか。

 

ミネラルウォーター2L = 97円

⇩ ⇩ ⇩ 同じ

ごはん茶碗約4杯分

 

2018年発売のおすすめ新品種

①雪若丸(山形県)

 

家庭向け・業務用

しっかりとした噛み応えと適度な粘り。牛若丸から命名された。

 

②だて正夢(宮城県)

つや姫の弟分

もっちりして粘りが強く、甘みがある。伊達正宗から命名された。

 

③富富富(富山県)

超高級

「ふふふ」と読みます。富山県を牽引するブランド米。

 

④くまさんの輝き(熊本県)

特殊性質

気温が高くなっても半透明の粒が白く濁らないという温暖化に強い性質を持つ。

 

⑤いちほまれ(福井県)

コシヒカリの後継

絹のような白さと、優しい甘味が特徴的。

 

 

●本日の気になるニュース

無水調理やオーブン調理もOK

⇩ ⇩ ⇩

www.itmedia.co.jp

 

●本日のオススメ

 

 オシャレ!

 

 

 

冬の護摩堂山へ行ってみた(後編)

 

こんにちは。

 

新潟でゆるりと低登山をコソコソ登り続ける慶太です。

 

さて、冬の護摩堂山シリーズ後編です。

 

前編を読んでいない方はこちらから、どうぞ

⇩ ⇩ ⇩

www.greenfamily0122.club

 

誰も居ないあじさい茶屋には白い雪だけが積もっていました。

 

ここで一休みするのも良いかもしれませんね。

地元のご老人が居なければ・・・・・

f:id:ke19850122:20180203120720j:plain

 

 

最近、足腰を鍛えまくった結果。

これくらいの木が踏み倒せるようになった。

人間やれば、なんでもできるもんだ。

 

f:id:ke19850122:20180203123501j:plain

 

 

この近くに実は護摩堂山の隠れスポットがある。

夏場は紫陽花に囲まれて見失いがちだが、冬場はその隠しルートが姿を現す。

 

足を踏み入れてみると、

大きな鈴が何個もぶら下げられていて、

中央に狐か犬のような石像が・・・・。

 

 

f:id:ke19850122:20180203123659j:plain

 

写真で分からないかも知れませんが、

実際は「団九郎」と呼ばれる狸です。

佐渡から泳いで渡ってきた伝説があるそうです。

 

狸掻きか。

犬掻きじゃなくて。。。

 

 

f:id:ke19850122:20180203124451j:plain

 

インスタ映えにと思って撮った写真が、おしること珈琲の写真。

山登りの疲れを、

甘いおしること深みのある味わいの珈琲が癒してくれた。

 

こうゆうのが山登りの小さな楽しみだったりします。

f:id:ke19850122:20180203124645j:plain

 

ぼくらは、ノンストイック主義だ。

 

高い山を登るより、

登りやすい山をゆるりと登りたい、そんなタイプ。

 

口数は多くはないが、

心の奥底では、子ども心が燃え続けている。

 

f:id:ke19850122:20180203124713j:plain

 

●本日のオススメ

 

 オシャレなウエストポーチです。

いつものトレッキングスタイルに一工夫してみるのも面白い。

 

 

冬の護摩堂山へ行ってみた(前編)

f:id:ke19850122:20180203113856j:plain

 

こんにちは。

 

最近の大雪には心も体も疲れてしまいますね。

 

たまには、ゆっくりと腰を据えて、

僕のブログでも一読して頂けるとありがたいです。

 

 

1月某日。

 

ぼくの新年初登山は、

田上町にある護摩堂山からスタートした。

 

 

大寒波前というまだ穏やかな気候の中、

 

歩くと、体も心もポカポカしてきて気分まで高揚してきたので、

 

久しぶりに登山日誌を記すことにした。

 

 

 

f:id:ke19850122:20180203114202j:plain

 

 真っ白い雪とブラウン色が際立つ落ち葉のコントラストは、

 

いつもの緑に生い茂った護摩堂山とは一味違う雰囲気を醸し出していた。

 

 

f:id:ke19850122:20180203114640j:plain

 

雪を踏んだ時の、クシャクシャって音が好きで、

何度もその感触を確かめる。

 

時折、木の枝から降り注ぐ雪の塊が僕らの前を遮ることもあった。

 

すれ違う人々は、長靴を履いた地元のご老人が多く、

冬の運動不足を解消する為にちょうど良いコースとなっている。

 

f:id:ke19850122:20180203114958j:plain

 

気が付けば、あっという間に山頂に着いていた。

真っ白い平野が広がり、弥彦山と角田山が遠くでうっすらと顔を覗かせていた。

 

 

f:id:ke19850122:20180203115206j:plain

 

ちなみに冬の護摩堂山あじさい園はこんな感じになっていた。

きちんとすべての株が紐で縛られ、ご丁寧に冬囲いされている。

 

後編へつづく・・・

 

 

●本日のオススメ

 基本的に山があるところには、お城が多いですからね。

この本を読むことで歴史も知れて、山歩きの楽しみが倍になります!

関東周辺歴史トレッキング 攻める山城 50城 山を歩き、山城に出合う旅へいざ出陣!

関東周辺歴史トレッキング 攻める山城 50城 山を歩き、山城に出合う旅へいざ出陣!

 

 

三条市はオシャレなカフェが多いと思う。

 

 

友人とおしゃべりしたい

 

おいしいコーヒーが飲みたい

 

ゆっくり本を読みたい

 

ぼーっとしたい

 

スイーツで癒されたい

 

カフェに行く理由は人それぞれ

 

今、個人的に気になる三条市のカフェを紹介します。

 

ITOYA CAFE

バッグや婦人服を手掛ける「ITOYA」がカフェを出店。

2016年10月にオープンしました。

コーヒーは、こだわりの雪室珈琲をサイフォンごと提供。

 

ITOYA CAFE - ホーム | Facebook

 

 

花てらす

フラワーショップを併設した癒し系カフェ。

店内ではフラワーアレジメント教室も開催されている。

おすすめは自家製シフォンケーキ。

 

花てらす - ホーム | Facebook

 

 

コーヒー村

サイフォンで一杯ずつ丁寧にコーヒーを入れてくれます。

創業以来変わらぬ味を守り続けている老舗で、

個人的に店の雰囲気が好きです。

 

loco.yahoo.co.jp

 

 

●本日のオススメ

カフェ好きなら一読してみることをオススメします。

⇩ ⇩ ⇩

 

●本日のオススメ

ふるさと納税でコーヒーはいかがですか?

⇩ ⇩ ⇩

 

 

今年は五泉市のニットの祭典が熱い!!

 

 

みなさん、新潟県の五泉市に行ったことありますか?

 

今回紹介するイベントはオススメですよ!!

 

 

今や、

各自治体がたくさんの人たちを集客するために切磋琢磨する戦国時代に突入しております。

 

十日町市の大地の芸術祭を筆頭に、

 

三条市の工場の祭典。

 

このふたつと同じ匂いがします、この五泉市の企画。

 

 

「GOSEN KNIT FES 2018」

 

今年が初めてではないですが、年々その勢いを増しており、

 

参加者も急増中です。

 

 

どんな内容なのか??

 

2月10日がニットの日なんですよね。

そこ基準として、

 

2月9日から2月11日までの3日間、

日本一のニット産地である新潟県五泉市で開催される、

地域全体がニットで盛り上がるイベント。

 

 


期間中は地域の工場が開放され、

普段は見ることのできないニット工場や染色工場、整理加工場、刺繍工場など、ものづくりの現場を直接見て、体感することができます。

 

 

また、製造工程の流れを再現し、産地でつくられているニット製品を実際に手にとって購入できる「ニット販売感謝フェア」なども開催。

 

 

日程

2018年2月9日(金曜日)~2018年2月11日(日曜日)

●工場見学:2月9日、10日、11日 10時~16時30分
●ニット販売感謝フェア:11日 10時~16時

 

www.gosenknit.or.jp

 

 

●本日のオススメ①

 

週刊ディズニツムツムのニット&クロシェ(14) 2018年 1/24 号 [雑誌]

週刊ディズニツムツムのニット&クロシェ(14) 2018年 1/24 号 [雑誌]

 

 

●本日のオススメ②

旅行するなら、世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーで事前チェック!

⇩ ⇩ ⇩

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

 

 

 ●本日の気になるニュース

「テディベア」をモチーフにした新作カーディガンが登場!

⇩ ⇩ ⇩

www.fashion-press.net

スポンサーリンク